読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jazzdrumclub’s blog

Jazzを楽しみたい方に初心者でもドラムで楽しめるようになる方法を解き明かします!

スティックワーク~手首と指をどう使うか

ジャズドラム入門編

◆スティックの持ち方
持ち方(グリップ)の方法は2種類あります。

マッチドグリップとレギュラーグリップと呼ばれる2種類です。

右手はどちらも同じですが

左手の持ち方が異なります。


ジャズを演奏する場合、レギュラーグリップをとる場合が多いです。

 

◆マッチドグリップ~右手

f:id:jazzdrumclub:20161113010958j:plain

親指と人差し指の2本の指で、

ステイックの下から3分の1ほどのところを、

親指の爪の反対側、親指のハラと、人差し指の第一間接と
第二関節の間ではさみます。

 

f:id:jazzdrumclub:20161113011202j:plain

そして薬指、中指、小指を軽く添える感じで支えます。
握ってはいけません。


あくまでもスティックは親指と人差し指でホールドする。
と思ってください。

 

f:id:jazzdrumclub:20161113011333j:plain

◎マッチドグリップは左手も右手と同じように持ちます。
右手は親指を上に向けてください。


左手は手の甲を上に向けてください。
右手は手の甲を上にするよりも親指を上にした方が
細かく動かすのに効果的です。

 

レギュラーグリップ

f:id:jazzdrumclub:20161113011626j:plain

右手はマッチドグリップと同じです。

 

f:id:jazzdrumclub:20161113011726j:plain

親指の付け根にスティックを押し当てて、

薬指の第一関節と第二関節の間、真ん中部分にスティックを乗せます。
この時、スティックの甲側は2cmほど突きでているぐらいです。

 

f:id:jazzdrumclub:20161113011916j:plain

上から人差し指と中指で包み込むように添えます。


人差し指と中指の第一関節がスティックにあたっていることが
大事です。
この状態ですと、親指の付け根と薬指でスティックをホールドし、
人差し指と中指でスティックを握る感じで
コントロールすることができます。

 

◆右手の動き

腕を振り上げて叩く必要はありません。

強弱は、スティックを振り上げる幅で

調整します。

 

撮影のためもありますが

手首の位置はほとんど動かずに

叩いています。

 

それで十分です。

指を使ってスティックを握る感覚で

弱い~小さな音を叩きます。

 

◆左手の動き


 左手の方が肘から手首の腕を振り上げて

スティックを叩きます。

 

弱い~小さな音は

右手と同じように、人差し指と中指を

握る感覚で表現します。

 

パフォーマンスとして大きな動作をする必要がない限り

手首と指・手のひらの筋肉をつかうことで

ドラムを叩くことはできるのです。

 

スポーツと同じで

効率的な無駄のない動きが

ドラムをより良く

コントロールできるのです。

 

楽器未経験でも

ジャズドラムが楽しみながら

すぐにできるようになる

トレーニング教材を

無料配布中です。

是非、お試しください。

 

==============

Jazzdrumclub Produce "初めてのジャズドラム”無料お試しセット

f:id:jazzdrumclub:20161206231337p:plain

 画像クリックでお申込み画面になります。

お申込みいただきましたら、ダウンロードできるようにメールを

差し上げます。

お持ちのPC・スマートフォン・デジタル携帯プレイヤー等に

ダウンロードしてお使いください。

◆新商品

jazzdrumclub.base.ec

◎詳しくはこちらへ

JazzdrumclubTop

Jazzdrumclub official Site

f:id:jazzdrumclub:20161206233107p:plain